国の借金と財政問題[画像で簡単に分かりやすく解説]

こんにちはユキドケです。

今回は、「国の借金と財政問題」という話をします。

 

 

プライマリーバランス黒字化

日本では、GDPに対する借金量が多いという話がありますよね。

 

これを元に税収よりも行政が使うお金の量を少なくする事でこれ以上借金を増やさない様にしようという考え方「プライマリーバランス黒字化」が出来ました。
f:id:Yukidoke:20220907103927j:image

日本の問題点と予算問題

先程は、借金を増やさないようにしようという話でした。

ですが、ここで問題が出てきます。

 

予算に上限が設けられる事により他の日本の問題で予算が足りなくなってしまうという問題です。
f:id:Yukidoke:20220907103940j:image

これにより、政府は問題が分かっているにも関わらず行動できなかったり行動したとしても大きな予算はつかずにあまり効果が出なかったりしています。

 

また、問題同士で予算の奪い合いも発生します。

財政問題に対する3つの考え方

次はこの財政問題に対して3つの考え方を見ていきます。

f:id:Yukidoke:20220907104008j:image

①主流派経済学の緊縮財政派

今の日本の主流の考え方です。

借金を増やさない様にしていこうという考え方をします。

 

②主流派経済学の積極財政派

借金の返済よりも日本経済を豊かにする事を優先しようという考え方です。

経済が豊かになれば税収が増えるのでその増えた税収で借金を返せば良いよねという感じです。

 

MMT

こちらは、借金の返済を無理にする必要はないという考え方です。

 

政府も中央銀行も日本を豊かにしようという部分で一致しています。

そして、中央銀行は通貨を発行できるので政府から無理に取り立てる必要はありません。

 

なので国を豊かにする為にお金を使いましょうという感じです。

 

詳しい考え方に関してはこちら