GDPの計算方法を画像で解説!!

こんにちはユキドケです。

今回は、国内総生産(GDP)の話をします。

 

よく、GDPは「ヒト・モノ・カネ」が良く動く社会が良いと言われますけどあまりイメージが付きにくいですよね。

 

なので、今回は国が出しているGDPの計算方法を使って出来る限り分かりやすく説明したいと思います。

 

 

GDPの計算方法

国が出している計算方法を調べてみると計算方法は下の画像の様になっています。

GDP計算方法

GDP=民間消費+民間投資+政府支出(政府の消費&投資)+(輸出-輸入)

ですね。

 

消費と投資額からGDPが決定していることが分かると思います。

「なんで国内総生産なのに生産から計算しないの?」

という方は、以下の様なイメージを持つと分かりやすいと思います。

 

まず

1万円の価値が無い物に1万円支払う人はいませんよね。

という事は

1万円払う場合、反対側には必ず1万円以上の価値がある商品もしくはサービスが存在している事になります。

 

つまり

お金が動くというのは、反対に動いた分以上の価値のある何かが生産されているということを示します。

 

これは、投資においても同様でお金を払うという事はそれと同等以上の価値がある投資商品(株、債券など)を買う訳ですからこちらもGDPに換算されます。

 

輸出部分は、国内で生産した物やサービスを売る為プラス

輸入部分は、海外で生産した物やサービスを買う為マイナス

になります。

 

民間消費は企業消費と個人消費

先程の計算式の民間消費の部分は厳密には企業の消費と個人の消費に分かれます。

どちらも考え方は同じで

消費が多い方がGDPが上がります。

 

民間投資は企業投資と個人投資

先程と同様、民間投資の部分は厳密には企業の投資と個人の投資に分かれます。

投資が多い方がGDPが上がります。

 

日本のGDPが伸び悩む理由

よく日本のGDPは成長していないと言われていますが原因としてよく言われているのが「企業の内部留保問題」と「個人消費伸び悩み問題」です。

企業の内部留保問題

企業が消費、投資、給与アップ等を行わずに貯蓄してしまう問題ですね。

個人消費伸び悩み問題

こちらは個人が消費、投資を行わず貯蓄してしまう問題です。

 

この2つの問題は、先行き不安から貯蓄に走ってしまうという部分が大きい訳ですが同時にインフレに対する教育の不足もあるはずです。

 

というのも本来インフレというのは物価が上がって相対的に通貨価値が下がるものなので構造的に円を持つよりも資産価値が下がらない物へ変換する需要が出てきます。

 

つまり知識があれば「国がインフレにする」といっているという事は同時に資産価値が下がらない物へ自然と買い圧力が来るという訳です。

 

もちろん国がインフレに出来るという話を信じる前提ですが…

 

インフレやデフレに関する記事はこちら

 

最後に

今回は、GDPについて解説しました。

ユキドケはGDP回復には国民意識の変化が必要だと感じています。

 

記事の途中で出てきたインフレへの理解という部分ですね。

ですので、皆さんいろいろ勉強して一緒に日本をよくしましょう!!

 

おわり

インフレ、デフレだけじゃない!?経済の状態を画像で解説!!

こんにちはユキドケです。

今回は、経済の話をします。

 

よく、日本はデフレだとかインフレにしなくてはいけないとかって話を聞きますよね。 

 

でも、実際に何でインフレになると良いの?

インフレで物価が上がって大丈夫なの? 

 

って所が分かってない人は結構いると思います。

なので、そこん所を簡単に解説していきます。

 

 

インフレーション

まずは、日本がこれから目指さなくてはいけないインフレーションからみていきましょう。

 

インフレの特徴は下の画像の様になっています。

インフレーションスパイラル

 

物価が上がりそれにより企業収益が増えます。

 →企業価値が再評価され株価アップに繋がります。

 

物価が上昇すると購入により多くのお金を出さなくてはいけなくなるので相対的な通貨価値の下落が起こります。

 →内部留保や貯金による資産価値の防衛が難しくなり投資や消費(給与含む)に向かいます。

 

ポイントとしては、内部留保や貯金が行われにくい事により通貨が非常に動きやすい状態である事が分かります。

コレにより通貨を稼ぎ易い環境が出来ます。

 

デフレーション

次は現在の日本の状態と言われているデフレーションです。

 

デフレの特徴は下の画像の様になっています。

デフレーションスパイラル

 

物価が下がりそれにより企業収益を作るのが困難になります。

 →不安材料から企業価値が再評価され株価ダウンの要因になります。

 

物価が下降するとより少ない通貨で購入出来るようになるので相対的な通貨価値の上昇が起こります。

 →物価の下降が続いている場合、より安い値段で買う為に内部留保や貯金をしておくという事に利点が生まれます。

 

ポイントとしては、内部留保や貯金に利点が発生している事で資金が動きづらくなっています。

コレにより通貨が稼ぎにくい環境が出来ます。

 

スタグフレーション

次は、デフレよりも更に悪いと言われているスタグフレーションです。

実は日本は部分的にこのスタグフレーションになっているんじゃないか

という話もあります。

 

スタグフレの特徴は下の画像の様になっています。

スタグフレーションスパイラル

 

物価が上がりますが製造コストや増税分の上乗せで企業利益は増えません。

 →「値上げ」+「企業利益&給与減少圧力」により購買意欲が下がる為不安材料から企業価値が再評価され株価ダウンの要因になります。

 

物価が上昇すると購入により多くのお金を出さなくてはいけなくなるので相対的な通貨価値の下落が起こります。

 →インフレと違うのは企業利益や給与が上がらない事と株の下落要因により投資による資産防衛の難易度が高くなる事です。

 

ポイントとしては、相対的な通貨価値の下落が起こっているにも関わらず内部留保や貯金に資金が向かいやすくなることです。(資金が動きづらい)

コレにより通貨が稼ぎにくい環境が出来ます。

 

シュリンクフレーション

次はスタグフレーションの亜種と言われるシュリンクフレーションです。

スタグフレーション同様、日本は部分的にこの状態になっているんじゃないかという話もあります。

 

シュリンクフレの特徴は下の画像の様になっています。

シュリンクフレーションスパイラル

 

基本的にはスタグフレーションと同様です。

 

違う点は左下のバルーンの中身

「ステルス値上げ」

ココです。

 

スタグフレーションであれば、製造コストや増税分を素直に物価に上乗せしますが、それが難しい場合に「内容量の減少」や「サイズの減少」などで帳尻を合わせる事になります。

 

上記の様な現象を「ステルス値上げ」といいます。

 

ハイパーインフレーション

次は過剰なインフレと言われるハイパーインフレについてです。

 

ハイパーインフレの特徴は下の画像の様になっています。

ハイパーインフレーションスパイラル

 

基本的にはインフレーションと同様です。

 

違う点は通貨価値の急激な下落により企業、個人共に自国通貨から物や外貨へ資産を移動させることです。

 

また、これに伴い外貨決済(主にドル)を行う企業が増加します。

自国通貨で決済を行っている企業は、自国通貨を稼ぎやすくなりますが反面通貨安で価値が急激に落ちる為大きなリスク要因になります。

 

政治不安により株価にとっては不安要因になります。

 

最後に

今回は経済の状態について解説しました。

この記事を書いている現在、コロナ禍による労働減少による物価の上昇からロシアウクライナ戦争による経済制裁により様々な物の物価が上がっています。

 

色々な国がインフレを抑える政策やスタグフレーションを回避する為の行動を取っている所でこういった経済用語を知っていると何かと役に立つと思いこの記事を書きました。

 

まぁ、正直自分が勉強した事を備忘録として残そうという部分の方が大きいんですけどね(・ω<) てへぺろ

 

おわり

ガチャの天井と注意点について解説「とある魔術の禁書目録幻想収束」

ユキドケです。

今回は、ガチャの天井について話していきたいと思います。

 

 

ガチャの天井は何回?

とあるIFではガチャを引く度にゲコタメダルが溜まっていきます。

ゲコタメダル交換を押す事で交換画面に行くことが出来ます。


f:id:Yukidoke:20210822185120j:image

交換画面では、メダル150で1回交換できる事が分かりますね。

これは、つまりガチャ150連につき1回交換できる訳です。

f:id:Yukidoke:20210822185144j:image

10連1回につきゲコタ石が3000個必要なので45000個のゲコタ石が必要になります。

 

課金額はいくら必要?

一番値段が高いAセットでは、1ゲコタ石=1円になります。

この場合、天井に必要な金額は45000円になります。

 

ちなみにゲコタ石は通常セール価格が

1個当たり0.930円

天井 41,850円

 

周年セールの最安値価格が

1個当たり0.788円

天井 35,460円

 

になります。

セール価格での購入は1商品1回のみなので天井価格はあくまで目安になります。

 

セール価格の情報についてはこちら

ステップアップガチャには天井が無いので注意!!

とあるIFでは、全てのガチャに天井が付いている訳ではありません。

 

下記のようにステップアップ方式のガチャの時には天井が用意されていないので注意が必要になります。

 

天井を狙う場合は気を付けましょう。
f:id:Yukidoke:20210822185211j:image

 

最後に

今回は、ガチャの天井とその注意点について書きました。

課金する際に知っておくとある程度の目安になるので是非活用してください。

 

おわり

イベント「とある英国の海浜聖域」ランキング上位が使っていた最強チーム編成(緑異能)「とある魔術の禁書目録幻想収束」

ユキドケです。

今回は、レイドイベント「とある英国の海浜聖域」でどんな編成が使われていたのかを見ていきたいと思います。


f:id:Yukidoke:20210819003032j:image

 

 

ランキング上位は誰を使ってた?

ハイスコアランキングの上位編成を見てどんな編成をしているか見ていきたいと思います。

 

時間帯によっては、順位が入れ替わって別の編成になっている場合もあったかと思います。

なので、あくまでユキドケが見た時間帯に上位を取っていたプレイヤーのランキングになります。

f:id:Yukidoke:20210819005112j:image

上の画像を見ると上位3人は、同じ様な編成をしている事が分かります。

 

スタメン

[蜂蜜色の少女]食蜂 操祈

[真心ご奉仕]結標 沫希

[超電磁投射砲実験装備型]御坂妹

 

 

控え

[明け色の陽射し]レイヴィニア=バードウェイ

 

辺りは、皆が使ってますね。

 

使われていたキャラクターの情報

[蜂蜜色の少女]食蜂 操祈

 このキャラクターは、潜在能力で緑異能系のステータスを上げてくれます。

 

スキルで緑属性耐性ダウンも持っているので火力の底上げに貢献してくれそうですね。

f:id:Yukidoke:20210819005134j:image
f:id:Yukidoke:20210819005145j:image

 

[真心ご奉仕]結標 沫希

スキルの異防ダウン(大)でサポートをしてくれます。

 

攻撃方法が異能系なので食蜂さんの火力強化も勿論受けられます。
f:id:Yukidoke:20210819005207j:image
f:id:Yukidoke:20210819005221j:image

 

[超電磁投射砲実験装備型]御坂妹

科学サイドの味方全体にクリティカル威力アップ(中)と異攻アップ(小)を付けてくれます。

上記で解説した二人はどちらも科学サイドの為、実質全体効果になります。

 

また、科学サイドのアシストキャラの場合バトル開始時に自身に異攻アップ(大)を付ける潜在能力を持ったアタッカーです。
f:id:Yukidoke:20210819005237j:image
f:id:Yukidoke:20210819005251j:image

 

[明け色の陽射し]レイヴィニア=バードウェイ

このキャラクターは、潜在能力で緑キャラクターのステータスを上げてくれるキャラクターです。

 

自身が緑で異能系である事で上記キャラのバフを受けられる点も良いですね。
f:id:Yukidoke:20210819005310j:image
f:id:Yukidoke:20210819005325j:image

 

アシストキャラ予測

アシストキャラは、公開されていないので正確には分かりません。

しかし、御坂妹のクリティカル威力アップを活用したい事を考えると

 

[清教派]神裂 火織

 

の様なクリティカル発生率アップや相手のクリティカル回避ダウンをスキルに持つキャラの相性が良いように思います。
f:id:Yukidoke:20210819005607j:image
f:id:Yukidoke:20210819005618j:image

 

イマフェス限定のキャラも結構多いのでこちらの記事もどうぞ

 

最後に

今回はレイドイベントのランキング上位の人が使っていたチーム編成を見てみました。

 

こんな感じで見ていくとそれぞれの属性の流行りみたいな物が分かって面白いですね。

 

もしかしたら次回のレイドイベントでもやるかもしれません。

お楽しみに!!

 

おわり

せっかくのキャンペーンなのにスタミナが足りない?プレゼントボックスのスタミナは温存しよう「とある魔術の禁書目録幻想収束」

 ユキドケです。

皆さん、せっかくのドロップ率アップキャンペーンなのにスタミナが少なくあまり周回できないみたいな事はありませんか?

今回は、そんなスタミナ温存の話です。

 

f:id:Yukidoke:20210530011219j:image

 

 

プレゼントボックスのスタミナは受け取るタイミングを選べる

実は、ログボなどプレゼントボックスに贈られるスタミナは暫くの間、受け取りの猶予期間があります。

 

下の画像では、29日の猶予期間がありますね。

f:id:Yukidoke:20210530011146j:image

つまり、この猶予期間の中で使いたいキャンペーンの時に使うことが出来る訳です。

 

おススメは「ドロップ率アップ+レイド(ストーリー)イベント」

せっかくのスタミナを使うならドロップ率アップとレイド(ストーリー)イベントが重なっている期間をおススメします。

 

メインストーリーやHARDのドロップ率が上がっている状態で

f:id:Yukidoke:20210815220650j:image


レイド(ストーリー)イベント開催中

f:id:Yukidoke:20210815220432j:image

 

こんな感じの時期ですね。

 

イベントボスの挑戦回数は、スタミナを消費すればするほど増えるので両方が開催されている時期がお得になります。

 

ドロップアイテムの?枠も理解しよう

ステージのドロップアイテムにはランダムドロップ枠があります。

下の画像で言う?のアイテムです。
f:id:Yukidoke:20210815223128j:image

こちらのランダムドロップ枠からは、メインのドロップアイテムの3つ下の数字のアイテムがドロップします。

 

下の画像では、メインドロップが18のステージで15のアイテムもドロップしている事が確認できます。
f:id:Yukidoke:20210815223300j:image

こういったサブドロップまで考えるとより効率の良い素材集めが出来ます。

 

最後に

今回は、とあるのスタミナについて記事を書いてみました。

効率が良くなるのでぜひ使ってみて下さいね。

 

おわり

限界突破に必要な覚醒結晶の数と結晶の欠片の交換レート「とある魔術の禁書目録幻想収束」

f:id:Yukidoke:20210320143928j:image

ユキドケです。

今回は、限界突破に必要な覚醒結晶の数、結晶の欠片と覚醒結晶の交換レートについて解説します。

 

結晶の欠片についてはこちら

 

 

限界突破に必要な覚醒結晶の数

キャラクターの限界突破には覚醒結晶が必要になります。

そして、限界突破をして星を上げれば上げるほど覚醒結晶の必要数が上がる形になっています。

 

星1→星2

限界突破に必要な覚醒結晶数:30

星6までに必要な数:515

 

星2→星3

限界突破に必要な覚醒結晶数:80

星6までに必要な数:485

 

星3→星4

限界突破に必要な覚醒結晶数:100

星6までに必要な数:405

 

星4→星5

限界突破に必要な覚醒結晶数:130

星6までに必要な数:305

 

星5→星6

限界突破に必要な覚醒結晶数:175

星6までに必要な数:175

 

覚醒結晶と結晶の欠片の交換レート

結晶の欠片は一定数の覚醒結晶と交換すると交換に必要な個数が増えます。

 

交換数1~20

必要な結晶の欠片:2

 

交換数21~40

必要な結晶の欠片:4

 

交換数41~60

必要な結晶の欠片:6

 

交換数61~80

必要な結晶の欠片:8

 

交換数81~80

必要な結晶の欠片:10

 

結晶の欠片の集め方に関してはこちら

 

覚醒結晶の分解は結晶の欠片2個固定

先程は結晶の欠片から覚醒結晶への変換には2~10個の欠片が必要だという話をしました。

 

ですが、結晶の欠片から覚醒結晶の欠片への変更では、固定で2個の欠片しか貰うことが出来ません。

 

つまり

将来的に覚醒結晶が余ることが予想されるキャラクターであればわざわざ沢山の結晶の欠片を使用して星を上げるのはもったいないかもしれません。

 

基本的には、限定キャラの様な中々手に入らない覚醒結晶に交換する事がおススメです。

 

最後に

今回は、限界突破に必要な覚醒結晶の数と結晶の欠片の交換レートについて書いてみました。

 

普段あんまり考えずに使っていましたが、いつか何かの役に立つといいな。

 

おわり

 

結晶の欠片種類(赤、青、黒、白、緑、紫)と入手方法「とある魔術の禁書目録幻想収束」

f:id:Yukidoke:20210320125539j:image

ユキドケです。

今回は、とあるIFの結晶の欠片について解説していきたいと思います。

 

 

結晶の欠片とは

キャラクターの限界突破に必要な覚醒結晶と交換する事が出来るアイテムです。

現在6種類存在していてキャラクターによって必要な色が変わる仕組みになっています。

 

 結晶の欠片から覚醒結晶への交換レートを知りたい方はこちら

 

結晶の欠片の種類

f:id:Yukidoke:20210320125942j:image

結晶の欠片(赤)

通常のバトルキャラクターの覚醒結晶と交換できるアイテムです。

 

通常のバトルキャラクターというのはフェス限キャラと組織戦線コインで入手できるキャラ以外のバトルキャラクターを指します。

 

非常にキャラクター数が多いので常に不足しがちな反面、入手経路が多いのも特徴です。

 


f:id:Yukidoke:20210320125951j:image

結晶の欠片(青)

通常のアシストキャラクターの覚醒結晶と交換できるアイテムです。

 

通常のアシストキャラクターというのはフェス限キャラと組織戦線コインで入手できるキャラ以外のアシストキャラクターを指します。

 

こちらも赤と同様、キャラ数が多いので常に不足しがちですが入手経路も多いです。



f:id:Yukidoke:20210320125556j:image

結晶の欠片(黒)

フェス限のバトルキャラクターの覚醒結晶と交換できるアイテムです。

 

フェス限のバトルキャラクターというのはイマフェス限定で手に入るバトルキャラクターを指します。

 

イマフェスについてはこちら

 

イマフェス自体の開催が少ない上、入手経路も一部イベントに限られる為非常に入手難易度が高いアイテムになります。

 

f:id:Yukidoke:20210320125636j:image

結晶の欠片(白)

フェス限のアシストキャラクターの覚醒結晶と交換できるアイテムです。

 

フェス限のアシストキャラクターというのはイマフェス限定で手に入るアシストキャラクターを指します。

 

イマフェスについてはこちら

 

黒と同様でイマフェス自体の開催が少ない上、入手経路も一部イベントに限られる為非常に入手難易度が高いアイテムになります。

 

f:id:Yukidoke:20210320125815j:image

結晶の欠片(紫)

組織戦線コインで入手できるバトルキャラクターの覚醒結晶と交換できるアイテムです。

 

 

組織戦線についてはこちら

 

現状イベントなどでの配布が無い為、キャラクターを星6にして覚醒結晶を分解するしか入手経路が無いアイテムです。


f:id:Yukidoke:20210320125732j:image

結晶の欠片(緑)

組織戦線コインで入手できるアシストキャラクターの覚醒結晶と交換できるアイテムです。

 

組織戦線についてはこちら

 

紫同様、現状イベントなどでの配布が無い為、キャラクターを星6にして覚醒結晶を分解するしか入手経路が無いアイテムです。

 

入手経路

f:id:Yukidoke:20210320125942j:imagef:id:Yukidoke:20210320125951j:image

結晶の欠片(赤、青)

ストーリーイベント、レイドイベントなど多くのイベントやキャンペーンの報酬になっています。

また、該当するキャラクターが多いことから覚醒結晶の分解での入手も期待できます。

 

星6になったキャラクターの覚醒結晶が手に入るハードや共闘を周回する事で日常的に増やしていけるのも良い所です。

 

 日常的に結晶の欠片(赤、青)を手に入れたい場合はこちらでも解説しています。

 

f:id:Yukidoke:20210320125556j:imagef:id:Yukidoke:20210320125636j:image

結晶の欠片(黒、白)

組織戦線の報酬や復刻コイン、奪還コインによる交換で手に入ります。f:id:Yukidoke:20210320140606j:image
f:id:Yukidoke:20210320140626j:image
覚醒結晶の分解でも入手出来ますが、フェス以外での入手経路が無い為非常に難易度が高いです。

 

主に金銭的に・・・

 

f:id:Yukidoke:20210320125815j:imagef:id:Yukidoke:20210320125732j:image

結晶の欠片(紫、緑)

現在は定期的に手に入れるイベント等はありません。

キャラクターを星6にして覚醒結晶を分解して手に入れる形になります。

 

最後に

今回は結晶の欠片について記事を書きました。

赤や青に比べて他の色の入手手段が少ないので運営さんにはもっと入手機会を増やしていただきたいですね。

 

おわり